カラーストーン ミスリル

New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM

みんなのブログポータル JUGEM
                         
第23回 東京ミネラルショー in 池袋(2014) 終了

国内最大のミネラルショー



石の世界のテーマパーク


寒波がきて外は寒かったですが、
会場内は熱気ムンムンの例年通りの賑わいっぷり。


3階のレイアウトが大きく変更となり、
入り口入って右側にあったブース達が左側に大きくずれました。
そして今回はミスリルブース前に展示場があったため…

ずっとその絶景を眺められてたおかげで…

アンモナイトについて

博士レベルに詳しくなった

気分になります。
(勘違いやろうw)


ミスリルでの今年のテーマは


「違いのわかる人になれる」


7月のショーから登場してる自然光蛍光性ハイアライト、
合成ガラスシリーズのセントヘレナガラスなどもそうですが、
隠し玉的に登場した幻のストロベリークォーツ。
コレクター的にどうしても「本家」というものが欲しくなり、
長い間コレクター歴やってても早々にお目にかかれるものでもなく、
どちらかといえば本物の本家カシミールやパライバ同様、
血なまこになって探してる石の一つかと。
ましてやファセットカットなど…夢のまた夢の話。

お買い上げいただいた方にしかもう違いがわかりません。


足尾のアメシスト

実に不思議な性質をおびてるアメシストです。
原石とセットで出しましたが、
ただのラフ&カットなセットではありません。
横についてる原石の色で、あのファセットカットの色になるんです。
まさに「えっ?!マジ?!」状態かと。
他の産地のアメシストにはない不思議な現象です。

銅入りアノーサイト

復刻版ではありますが、
サンストーンなどと大きく違い、
ルーペレベルでご覧いただくと更に詳しくわかるかと。
太陽光に向けて石をみるとカラーチェンジして青くなります。
それがこの産地の他と違う最大の特徴でもあります。

合戸のローズクォーツ

一見「嘘だろww」と目を疑う程に美しい日本産ローズクォーツ。
一つ前の記事に画像が載ってます。
世界中みてもほとんどのローズクォーツは塊状です。
極少量ですが国によっては単結晶が産出するところがあります。
合戸のローズクォーツはちょうどその中間にいるような…
塊状であるけど、単結晶的な輝きを出します。
日本からもこんなに愛らしいピンクの石が生まれるんですね。

白板のスファレライト

秋田美人シリーズに、新潟コシヒカリの美人さんが加わりました。
どうせならやはり「べっ甲亜鉛」と言われるものでなければ…ね。
スファレライトの醍醐味といえばダイアモンドばりのファイアーでしょう。
計算した丁寧なブリリアントカットを施しました。

ビシネバイト(ビシュネフ石、ビシネフ石、Vishnevite)

たぶん…
どこもやらないような気がします。
タイプロカリティー(原産地)です。
たった一つのファセットカットできる可能性の高い原石から
すべての石達が生まれてます。
いわばみんな兄弟です。


結局ラインアップは…
欲しい♪と思う原動力だけで動いてるのがミスリルです(*^-^*)


毎回ショー中、突然に輝きだす石達がいます。
今回も思わぬ伏兵さんがいました。

「ジェムシリカ軍団」


違いのわかる人であればあるだけ…
その美しさにクリティカルヒットされました。


突然輝く石がいる。
今までひっそりそこにいたのに、突然注目を浴びる。

今回もっとも多くいただいたお言葉

「これは…前からありましたっけ???」

でした。

よもや私も何があるのかわからなくなってきました(おいおい

不思議なことに毎日数名の方がその石を手にとり…
最後にどんでん返しであったり。
たまに「石が人を選ぶ」瞬間があります。



表向きのテーマは「違いのわかる人」でしたが…
なぜか裏テーマは「女子力アップ↑↑」でした。

最近流行りのジャパニーズ文化の一つ。
外国人の方には不思議でならない現象の一つ。

「可愛い♡」を追求すべく…

えっとぉ〜 巻き込まれてしまった男性陣の方々…
ホント、申し訳なかったと
女子一同心よりお詫び申し上げます(笑

でも、それは女子から生まれる最高の褒め言葉です(笑



突然閃いてしまったミネラ裏企画の所為で…
ミスリルに捕まってしまって
巻き込まれてしまった人達が増えてしまいました( *´艸`)クスッ♪
その様子は次回にお楽しみください。

このブログが少しは役になってるのかなーと感じた事がありました。
今まで聞いたことがなかったのですが。
ミネラの雑誌をみて通りすがりのお客様が…
「この雑誌はね、自然と野生ランの増刊号で〜……」
と他の方に説明されてました。
何度もこの光景をみて…
リアル認知度がわかって大変にうれしいです。


たくさんの方々にお立ち寄りいただきまして、
誠にありがとうございました。
なかなかお会いできない遠方の方々も大勢いらしていただいて、
石友さん達の交友の広さを目の当たりにしました。
また新しいご縁などもたくさんできまして、
皆様のお陰で大盛況でした。
こうして皆様に盛り上げていただいて、
感謝の言葉につきません。
何より私自身が一番楽しかったです(* ̄∇ ̄*)b


posted by: | イベント | 20:46 | comments(0) | - |